歯医者で行われる治療方法

根管治療とインプラント治療ではどっちを受けるべき?特徴や痛みも

監修者

吉松歯科医院 院長

吉松 宏泰(よしまつ ひろやす)

虫歯治療の第一選択は神経を保護することですが、多くの場合は根管治療によって完治を目指します。

しかし歯の状態によっては、抜歯しなければらならないこともあります。
その場合は、インプラント治療を検討する必要があるでしょう。

この記事では、根管治療とインプラント治療の治療方法や痛みについて解説します。

どっちを選べばいいのか、判断材料にしてみてください。

根管治療の特徴と痛みについて

根管治療とインプラン治療

まずは、根管治療の特徴と痛みについて解説していきます。

根管治療は、虫歯治療で一番行われている治療方法です。

虫歯の進行がひどく歯の神経まで感染が進んでいる場合、歯の神経を除去しなければなりません。

この神経を除去する治療を「根管治療」と呼びます。

では、具体的にどのような治療方法なのか、痛みはどれくらいなのか解説しましょう。

根管治療はどんな治療方法?

根管治療は、虫歯菌に感染した神経を取り除く治療方法です。

一般的には、完全に殺菌できるまで何度か通院しなければなりません。

そして無菌状態になった根管内に細菌が入らないように詰め物で蓋をします。
最後に被せ物をすれば、根管治療は完了です。

根管治療は、虫歯治療で一番行われている治療方法ですが、非常に難しく成功率も高くありません。

歯の神経は、非常に複雑化している場合が多く、完全に除去できないケースがあるのです。

根管治療の痛みはどれくらい?

根管治療は、基本的に麻酔を施してから行うため、治療中に痛みを感じることはありません。

ただし歯の神経を取り除いたあとの「洗浄・殺菌時」には麻酔を使わないことがほとんどです。

そのため、歯の神経を完全に除去できていない場合、強い痛みを感じることもあるでしょう。

根管治療の痛みについては、以下の記事で詳しく解説しています。
痛みの原因や対処法について気になる方は、合わせてお読みください。

インプラント治療の特徴と痛みについて

根管治療とインプラン治療

根管治療は、自分の歯を残すことができる虫歯の治療方法です。
しかし根管治療では治せないほど、虫歯が進行していると抜歯の必要性が出てきます。

そして失った歯を補うために行われるのが「インプラント治療」です。

ここでは、インプラント治療の特徴と痛みについて解説していきます。

インプラント治療はどんな治療方法?

インプラント治療は、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込みます。

そして、その人工歯根の上に人工歯を被せることで、失った歯を補う治療方法です。

チタンは、生体親和性が高く骨と結合する性質があるため、自分の歯と同じ感覚で噛むことが可能です。

抜歯をすることになってもインプラント治療を受ければ、機能的・審美的な問題を解決することができます。

では、インプラント治療の痛みは、どれくらいなのでしょうか。

インプラント治療の痛みについて

インプラント治療は麻酔を使用して行われるため、治療中に痛みを感じることはありません。

麻酔の注射や抜糸時に痛みがありますが、表面麻酔を施して対処することもあります。

インプラント治療は、歯茎を切開したり骨を削ったりするので治療後のほうが痛みます。
とはいえ治療後も、鎮痛剤抗生剤が処方されますので痛みは軽減されるでしょう。

痛みの度合いについては個人差がありますので、人によっては強い痛みを感じることもあります。

根管治療とインプラント治療はどっちがいい?

根管治療とインプラン治療

ここまで根管治療とインプラント治療について解説しました。

では、歯の治療を行う場合、根管治療とインプラント治療どっちがよいのでしょうか。

ここからは、根管治療とインプラント治療どっちを選ぶべきかご紹介します。

自分の歯を残したいなら根管治療

歯の神経への虫歯菌の進行がまだ浅い場合は、根管治療で対処できます。

自分の歯を残したいと考えているなら、まず根管治療を検討しましょう。

ただし、虫歯の進行が激しく抜歯しなければならないと診断された場合、根管治療での完治は難しく、抜歯の必要性も出てきます。

吉松歯科医院では、従来の根管治療と比べて精度の高い精密根管治療を行なっています。

虫歯の痛みに悩まされている方や、抜歯をしなければならないと診断された方は、吉松歯科医院にご相談ください。

歯を抜かずに残すための根管治療ご提供しております。

歯の状態によってはインプラント治療

虫歯の進行が激しく根管治療では対処できない場合、インプラント治療を検討しましょう。

また根管治療後に痛みが生じ再治療をする時、場合によってはインプラント治療を提案することがあります。
例えば、根管治療後、歯根部分に膿が溜まって骨を溶かしていることがあるのです。

こういった場合には、抜歯をしなければならずインプラント治療を勧められる場合があります。

根管治療とインプラント治療どっちがよいのかは、歯科医院によって判断が異なるでしょう。
根管治療によって、自分の歯を残せるのであればそれに越したことはありません。

しかし、どうしても残せない場合は、インプラント治療を選択肢として頭に入れておくとよいです。

吉松歯科医院では、最新設備や技術の導入によって、安全・安心のインプラント治療を行なっています。

はじめてのインプラント治療で不安な方も、まずはお気軽にご相談ください。
詳細は、
マイクロスコープを用いた精密インプラント治療からご覧いただけます。

根管治療とインプラント治療はどっちがいいのか|まとめ

今回は、根管治療とインプラント治療どっちがいいのかについてご紹介しました。
根管治療とインプラント治療は、それぞれにメリット・デメリットがあります。

歯を残せる状態なのであれば、まずは根管治療を検討しましょう

そして、どうしても抜歯しなければならないのであれば、インプラント治療を視野に入れるとよいです。

根管治療とインプラント治療どっちがいいのか判断するためにも、まずはご相談ください。

歯の状態によっては、根管治療で大切な歯を残せる可能性もあります。

お電話でのご予約はこちら:03-3504-3120
診療時間:午前8:30~午後18:30
休診日:土曜・日曜・祝日

当院は、完全予約制です。
来院される際は、予めご予約頂きますようお願いいたします。

初診では、検査やカウンセリングなどに1時間程いただいておりますので、お時間に余裕をもってご来院ください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供

監修者

吉松歯科医院 院長

吉松 宏泰(よしまつ ひろやす)

略歴
日本大学歯学部卒業
東京都中央区京橋 村岡歯科医院勤務(故村岡 博先生に師事)
2002年 東京都港区虎ノ門にて吉松歯科医院開院
2018年 虎ノ門再開発のため現在のオフィスに移転

歯にとっての不幸は治療を何度も繰り返すことだと考えています。そのために今どう するべきか、何ができるかをできる限りご提案を話し合い、患者様ご自身で治療の選択 ができるようになっていただくことが第一の私の役目と考えます。

歯や歯茎に関するお悩み、治療内容に関して気になることが
ありましたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合わせ

03-3504-3120

受付時間:8時30分~18時00分(土・日・祝日を除く)

関連記事


お悩み・疑問におこたえします。

歯や歯茎に関するお悩み、治療内容に関して気になることがありましたら、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
実際に治療を担当する専門医が、あなたにのお悩み・疑問を解決します。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3504-3210

受付時間:8時30分~18時(土・日・祭日を除く)

メール
トップへ戻る
電話する メールする